大阪京都のベッドタウン|とても長持ちな炭の家で健康な環境で暮らそう

とても長持ちな炭の家で健康な環境で暮らそう

大阪京都のベッドタウン

男性

東西のエリア

枚方市は大阪府の北東部にあり、関西の大都市大阪と京都の中間に位置します。そのため古くからベッドタウン化が進み、人口は大阪府の市の中でも四番目に多くなっています。大阪・京都への通勤の利便性が高く、西部には京阪本線が東部にはJR片町線が走り、また市内中央には大動脈である国道1号線、東には第二京阪道路などの道路網があることからアクセスが良好な都市です。枚方市は、大きく分けて東と西のエリアに分けられます。東はJR片町線を中心としたエリアです。JR片町線は近年大阪のビジネスの中心である京橋駅まで延伸したことから、この東部地域は住宅地として大きく注目されてきています。西は京阪本線を中心としたエリアです。古くからの住宅地で、沿線の「香里園」「枚方市」「樟葉」の各駅ごとに住宅地が発展してきました。東西いずれも人気の住宅エリアですが、路線によっては勤務地や学校への通いやすさに違いがあることから、住宅地選びにはそれらを考慮することがおすすめです。

高い持ち家率

枚方市は、通勤通学に便利で住環境が良好なことから住宅希望者が多いと言われています。実際のところそれは数値にも表れており、持ち家率は63%と高めです。しかも一戸建てを希望する人が多く、分譲住宅の一戸建て比率は8割近くにも達しているのです。また枚方市は、大阪・京都のベッドタウンの中でも比較的一戸建てが手頃な価格で手に入りやすいと言われています。たとえば新築一戸建ての相場をあげると、30坪前後では2500万から3000万円、45坪前後では3000万から4000万円くらいです。さらに中古一戸建てでは、30坪前後で1500万から2000万円、45坪前後で2000万円から3000万円と、定住を望むファミリー世帯から大きな注目を集めています。なお中古住宅は築年数により価格に大きな変動があることから、それらを考慮して選択することでより価格的に大きなメリットが得られます。

Copyright © 2017 とても長持ちな炭の家で健康な環境で暮らそう All Rights Reserved.