とても長持ちな炭の家で健康な環境で暮らそう

大阪京都のベッドタウン

男性

枚方市は大阪と京都の中間にあり古くからのベッドタウンとして発展してきました。市内は大きく東西のエリアに分けられ、東はJR片町線、西は京阪本線が中心になっています。枚方市は持ち家率が高くしかも一戸建てが多いです。一戸建ての相場的にも比較的手頃でしょう。ただ、中古住宅は築年数で価格は大きく変動します。

もっと見る

都市の特徴を利用

一軒家

分譲住宅は郊外に建設されることが多くなっていますが、中心部に近い場所で購入することもできます。そのチャンスは再開発です。古い街並みを新しくする過程で、分譲住宅地の開発が行われるのです。大阪でも最近では再開発が増加しています。

もっと見る

物件選びの基本は

インテリア

新築物件を購入する場合は、分譲住宅か注文住宅のどちらを選ぶかをまず決めなければなりません。京都の分譲住宅はすぐに住めるので、急いでいる人にも対応が可能です。注文住宅は間取りの希望や設備などを好きなように設計できます。

もっと見る

体と住宅戸を守るため

つみき

健康に良い炭の板

昨今では、健康的な暮らしができるということから、炭の家を購入する人が増えています。炭の家とは、天井板の上や床板の下に、炭の板を入れた住宅のことです。住宅の建築に使われている建材には、ホルムアルデヒドなどの化学物質がある程度含まれています。つまり人々は、化学物質に囲まれながら生活していると言っても過言ではないのです。そしてこの化学物質によってシックハウス症候群となる人が増えているのですが、炭の家ではそのリスクが低めとなっています。なぜなら炭の板には、化学物質を吸着する性質があるからです。さらに炭の板からは、血流を良くする遠赤外線が出てきます。そのため炭の家で生活することは、血行不良による高血圧や脳梗塞などを予防することにもつながるのです。

調湿効果で長持ち

また炭の家は、一般的な木造住宅と比較すると、長持ちするという点でも知られています。というのも炭の板には調湿効果があるため、随所に設置しておくことで、屋内の湿度が保たれやすくなるからです。具体的には、梅雨など湿度が高い時期には、炭の板が屋内の湿気を吸い込みます。逆に湿度が低く乾燥している日には、炭の板はため込まれた水分を放出するので、屋内は程良く潤うことになるのです。これにより、柱や壁などの木材では、湿気によるカビや乾燥による亀裂や色褪せが起こりにくくなります。これらが劣化しなければ、住宅全体が長持ちします。その分、修理やリフォーム工事などの必要性も生じにくいので、それらに多くの費用をかけずに済みます。

Copyright © 2017 とても長持ちな炭の家で健康な環境で暮らそう All Rights Reserved.